iPhone(アイフォン)修理 名古屋 愛知県

リンゴループとは iPhone(アイフォン)修理 名古屋 愛知県なら名古屋駅近のスマホスピタル名古屋駅前にお任せ!

iPhoneお役立ち情報

iPhoneの珍しい故障について

リンゴループとは

[2018.04.07] スマホスピタル名古屋

カテゴリー:iPhoneの珍しい故障について

こんにちは!

スマホスピタル名古屋駅前店です。

今回は、iPhoneの故障でも目にすることの多いリンゴループについてご紹介いたします。

皆さんはリンゴループという症状をご存知でしょうか?

ブートループ、起動ループなどと呼ばれることもあります。

iPhoneでは、起動するときにメーカーロゴであるリンゴマークが表示されますが、

そのまま通常起動ができず、リンゴマークが点滅を繰り返すような状態がリンゴループと呼ばれています。

ソフトウェアトラブルや、物理的な故障があることで発生しうるものですが、

その原因はさまざまあり、外観から原因を特定することは簡単ではありません。

そして恐ろしいことに、この症状は特に何の過失もない状態であっても、突然発生する場合があります。

普段通り使っていて、次の日起きたらループ状態だった…なんてケースもあります。

正常に起動できない状態では、基本的にバックアップをすることができないため

機種変更などをしようとしても、データの引継ぎができないままとなってしまいます。

普段からバックアップをしていないと、大切なお写真・連絡先・メールなどのデータを失ってしまうことにもなりかねません。

リンゴループは、原因となるものが多く考えられ、何が問題となっているかによって修理できるかも変わってきます。

例えば、アップデートの失敗や一時的なシステムの不具合などであれば、iOSの更新によって直せる場合があります。

このとき、更新をするだけであれば内部ストレージのデータは保持できます。

しかし、復元(初期化)が必要になってしまった場合は、データはリセットされてしまいます。

他には、バッテリーの劣化が原因となっていることもございます。

劣化したバッテリーは、電圧が不安定になることがあります。

電子部品には動作するために最低限必要な電圧があり、これを下回る状態は部品が破損する可能性があり、危険です。

アイフォンのシステムが電力不足と判断した場合、電子部品を守るために自らシャットダウンします。

しかし、バッテリーの劣化は放置していても改善するもではないため、再度起動させても同じように強制終了を繰り返す状態となります。

この場合は、バッテリーを交換することで通常起動できるようになる場合があります。

バッテリーの交換では、基本的にデータはそのまま残すことが出来ます。

 

スマホスピタルでは、システムの更新やバッテリー交換も行っておりますので、

リンゴループになってしまったアイフォンの修理をお探しの際も、お気軽にご相談ください!

 

スマホスピタル名古屋駅前
〒450-0002 愛知県名古屋市中村区名駅3丁目13-28 名駅セブンスタービル401号室
10時~21時(無休)
TEL:052-586-6866
E-mail:info@iphonerepair-nagoya.com

一覧に戻る

052-586-6866 お電話でご予約の上ご来店下さい。iPhone(アイフォン)修理 名古屋 愛知県

お問合わせはコチラ iPhone(アイフォン)修理 名古屋 愛知県

  • ガラスフィルム無料貼り替えキャンペーン iPhone(アイフォン)修理 名古屋 愛知県
  • 駐車場割 iPhone(アイフォン)修理 名古屋 愛知県
  • バッテリーの無料点検開始!! iPhone(アイフォン)修理 名古屋 愛知県
  • 大容量のPocketWi-Fiご契約で5000円キャッシュバック!! iPhone(アイフォン)修理 名古屋 愛知県
  • ご一緒割 iPhone(アイフォン)修理 名古屋 愛知県
  • iPhoneじゃなくてもOK!下取りキャンペーン iPhone(アイフォン)修理 名古屋 愛知県
  • 往復送料無料キャンペーン iPhone(アイフォン)修理 名古屋 愛知県
  • 学割キャンペーン iPhone(アイフォン)修理 名古屋 愛知県
  • いいね!を押して200円OFFキャンペーン iPhone(アイフォン)修理 名古屋 愛知県
  • 修理内容一覧 iPhone(アイフォン)修理 名古屋 愛知県
  • 修理価格一覧 iPhone(アイフォン)修理 名古屋 愛知県
  • スマホスピタルグループサイト
  • ゲームホスピタル
  • アンドロイドホスピタル